もっと甘えて欲しかった、なんて。

もっと可愛気があれば、なんて。

もっと弱音を吐いてくれたら、なんて。

私が簡単にできないことを、簡単にやってのける女の人に心を移して。去り際に吐き捨てられる言葉に呆れた回数はいつからか数えることをやめた。








「俺にリカ様の時間を頂戴」



自信と余裕を滲ませた顔で

相手が提示してきた期間は一年の半分



「別れたくないって、

半年後に泣いて縋ってくるのはお前の方だよ」



その挑発的な誘いに乗ったのは出来心




リカ様の憂鬱




貴方もきっと

私を知る度に嫌いになるくせに