水瀬茜はスーパーで働く普通の社会人
ある日道端に倒れている銀色の髪の男を助けるもうその時には彼の猛毒に侵されていた

モテるのに


「いや やめてよ」


「そんなに真っ赤になって

どーしたの?おねーさん」


私をすぐに弄び


「怖かったよ…」


「うん。泣いていいよ」


私をいつも助けてくれる



「茜さんに嫌われるとか

俺生きてる意味ないよ 

嫌われたかと思って怖かった」



不安になったて弱気なこと言ったり




「会えてよかった」


「俺は会いたくなんてなかったよ」


でも私を突き放す


けどもう手遅れだ

私はあの時からすでにあなたの毒に侵されてる




水瀬茜 (みなせ あかね)社会人

    

美月珀八(みつき はくや) 高校生





沢山のしおり、スタンプありがとうございます😭