「…キスしてもいい?」私が断れないと分かっていて、わざとそう聞くの…ホントにズルい。



柔らかい笑顔、品のある佇まい、綺麗な所作。

落ち着いた雰囲気で和装が良く似合う。



紳士的なそれに反するように



背中から首筋にかけて昇る龍、

シャツの上からでも分かる締まった身体。


黒いリングのピアス、指にはシルバーリング。




─男女問わず目を奪われてしまう…。


そんな彼は私をひたすら甘やかす。







画像タイトルを入力…