この声が、届くまで

作者てとら




この世界は、"音"で溢れている。




足早と歩く足音




人々が話す声




街中聞こえる音楽




止まないその"音"は、生きる人々の生活を支えてる。




もし、"音"のない世界があるとしたら……




あたしは迷わず、その世界へと飛び込みにいくだろう。




そう思えるほど、この世界に溢れる"音"が……あたしは大っ嫌いだ。






********





『俺がお前のその声で、"歌いたい"って絶対に言わせるからな!!』





『もう、歌わないって決めたの……っ!』





何度も、突き放したのに。





『俺は、歌が好きか嫌いかどっちなんだって聞いてんだよッ!!』





真正面からぶつかってくる"キミ"に、





『あたし、もう1度……っ、』





『自分の気持ち、ちゃんと言えるじゃねえか』





あたしは救われたんだ……