いつも通りの日常を過ごしていた。はずだった。

そう、あのトビラを開けるまでは―