動物の眼【完結】/短編ホラー

作者storu

決して忘れることを許されぬ、少年時代のその行為と業とは…。
自己に課した供養を失念した代償は過酷なものだった…?


東京下町のゼロメートル地帯…。
高度成長期の公共事業重視政策がとられる以前は、現在の堤防は整備されておらず、豪雨の渦は時に津波のごとく、”様々なもの"を呑み込んでいった…。
その地…


年老いた父からの告白…。

それは怪奇体験を教訓として導かれた懺悔と伝承…。

家族愛の側面から描いたホラー短編シリーズ!

今回のお話はコテコテの呪い系です。