静こころなる 花の散るらむ

作者めーとる。

短歌のように君の命も儚かった。

ひさかたの 光のどけき 春の花

静心なく 花の散るらむ




こんなに日の光がのどかに射している春の日に、なぜ桜の花は落ち着かなげに散っているのだろうか。