人と話すことが苦手な春原蛍は、寄り道した公園で謎のメッセージを見つける。
小学生のイタズラだろうと軽い気持ちで返事を書くと、翌朝には新しい手紙が貼り付けれていた。
〝ウミ〟という呼び名だけで、顔も本名も知らない人。けれど文字のやりとりをするようになり、お姉さんのようなウミと親しくなる。
ある日、公…




『友達になりませんか?』





そのメッセージが、全ての始まりだった。




君が、薄暗い世界を変えてくれた。