高校の夏休み直前に、俺は不思議な銀髪の女に出会った。
彼女は俺が子供の頃から書いていた秘密の物語を知っていて、そのヒーローの名前を言い当てた。
夏休みの図書館で、彼女は俺の物語を読み、俺はその隣で物語を書く――。