泣きながら帰ってきた主人公の目の前に現れたのは、未来からきたもう一人の自分!?
助けてくれると思いきや、そいつは何もしてくれなかった。