尚、風は吹かない。

作者上門 伊タ生

受け入れ難い気持ちがいつの間にか、根を張っている。植えた覚えはないのに。振り下ろす事は出来ず、斧を持ったまま立ち尽くしている。