それは、いつかの「あなた」の話

作者北葉

もう二度と戻らない時間を思い出にするはなし。







あなたは、「あなた」に背を向けた。