あの日、ボクは彼と出会ってしまった。己の使命を隠し、買い過ぎた缶ジュースを口実に、ボクは毎日彼に会いに行く。しかし、ボクたちの運命は出会ってしまったその日に、既に決まっていたのだ。