鳴り響くクラクション、浮かぶ体、目に飛び込むのは真っ青な空…

どこかで見た事があるようなシチュエーションに、俺は瞬間的に死を覚悟した。

そして規定通りに始まる既視感のある物語。

心地よい浮遊感に身をまかせながら、つまらない自分の人生をなぞる。


『会いたい』


どこからか響く知らない声。…