僕は彼女をその名で呼ばない

作者いしだ

昨日も、今日も、明日も繰り返される日常に、もはやなんの感慨もない。ないのだ。


なんでも知ってる彼女を前に、少年は知らないふりを選択する。


未来を見通す単眼の少女と世話係の少年の、静かで、優しい日常の話。




海に落ちた雨粒を救い出すのは不可能だ。



ならいっそのこと、底で一緒に揺蕩たゆたう方がいい。