母に置いていかれ、祖父に先立たれたオレを呼んだのは、最初にいなくなったはずの父だった。
 そんな引っ越しの日の朝、戦争に身を置く兵隊になる夢を見た。
 よそよそしい父と義母、攻撃的な義兄の元へ、慣れ親しんだ地元から東京へ移り住んだものの、転校先で方言をからかわれ、かばってくれた同級生にもそっけな…