婚約破棄から十年後、元婚約者に呪われた。

作者華宮ルキ/扇レンナ

ロンバルディ王国に住まうヴェルディアナは名ばかりの伯爵家バッリスタ家の令嬢。
そんなヴェルディアナは十五歳のある日、両親に婚約者を紹介される。相手は名門侯爵家の嫡男であるリベラトーレ・カザーレ。丁寧でとても優しく、ヴェルディアナのことを大切に扱ってくれる。まさに、理想の男性。……年齢以外は。

そ…

「その呪い、俺がかけました」

「俺にはヴェルディアナ以外の女なんて必要ないんですよ」


独占欲強めの年下貴公子


リベラトーレ・カザーレ(18)


×


「そうだとしても、これは強引すぎます!」

「私は……もう、貴族じゃない」


没落令嬢で現在はパン屋の看板娘


ヴェルディアナ・バッリスタ(25)




――無事でいたかったら、俺の側で働け。




この年下男子――執着心がすごすぎます!