一人を好み一人を愛し、孤独に生き抜くと決めていた梨々。
そんな彼女の前に、一人の男が現れた。
「あなたがきっと、私の炎なんだわ」
孤独を選んだ少女と天涯孤独の謎の男の日々が始まる___。


一人に慣れれば、寂しくない。


一人でいれば、悲しくない。


だから私は、これからもきっと一人で居続ける。__はずだった。





「_____馬鹿か。お前みたいなガキは、泣きたきゃ誰かに縋り付きながら泣けばいいんだよ」






私の心に火を灯したのは、間違いなくあの人だ。










天涯孤独の若頭


×


孤独を選んだ少女