今日もいちばん好きな顔で笑うのは、世界でいちばん嫌いな人

作者夏凪雨音

大好きだったはずなのに大嫌いになっていた初恋の人。
ずっと追いかけていた初恋、憧れていた先輩。
いつも近くにいてくれたのに、離れてから気づく本当の気持ち。


アイコンはイトノコさまの絵を使わせていただいています。

 私ね、あなたのことが嫌いだった――。