「実は、ずっとあなたに渡そうと思っていたプレゼントがあるんです」
ブックカフェで本を読んでいた柚子に突如声を掛けてきた謎の男、レン。
振り切って帰ろうとするも強引な手段で駐車場に連れ込まれ、身動きを封じられてしまう。
「とぼけても無駄ですよ。観念して正直に吐いたらどうですか」
男は一体何者なのか。…