鎌倉にあるそのカフェは、彩りと香りと癒しと、少しのときめきに満ちていました。

彼氏と別れて、会社が倒産。


不運に見舞われていた夏芽(なつめ)に、父親が見合いを勧めてきた。


夏芽は見合いをする前に彼が暮らしているというカフェにこっそり行ってどんな人か見てみることにしたのだが。



静かで、穏やかだけど、たしかに強い生彩を感じた。




※エブリスタと同時掲載。