暴女に、番犬に、エセ王子に、権力乱用者に──そんな個性的な少年少女達が敬愛してやまないのが喋り方に少し癖のある二十歳の花。













「性別なんて唯の飾りに、意味なんてありませんよね?」

「敬愛しています、ずっと、側にいさせてください。」


「単純な言葉では貴女にこの気持ちは伝わらないですね。」

 「閉じ込めておかないと、何処かに行ってしまうだろう?」



周囲のガードが固すぎて


“高嶺の花”と呼ばれた。




画像タイトルを入力…




「気安く触るな、不愉快だ。」




本人もかなり鉄壁だ。