毎晩、父親の客に身を売って生きていたその女はある日、少年と出会った。

「大丈夫?」


──彼は、透き通った綺麗な瞳をしていた。










画像タイトルを入力…


「痛い」






ただ、それだけだった。










⚠︎

性描写過多

胸糞注意