地獄のような生活を送っていた私は祖母の家の近くの神社へ向かう。



「神様、おねがい、します」




私を救ってくれたのは私そっくりな神様。



だが時はすぎ、記憶も曖昧になった頃、私は新しく祖母の家で生活を始めていた。



神の謎は残ったまま、新たに学校へと通うようになるが、そこである少…




「神様、私はもう無理です、どうか最後に救いの手を差し伸べてくれませんか?」





――――――

――――――――――――

―――――――――――――――

―――――――――――

――――――――――――――――――――

―――――――――

―――――――――――――――。






「神様、本当のお願いです、私は今にも死にそうです。」






――――――――――――

―――――――――

―――――――――――――――――――――

―――――――――――――――

――――――。





「おねがい、です、神、様、もうげんかいが…」







―――――――――

――――――――――――

――――――みろ

―――――――――

――――――――――――うえ、みろ







「う、え…?」










おまえを、たすけてやる。