鬱病の診断がおりた凛はとにかく動けず、病んだ日々を過ごしていた。そこから手を引いてくれたのは、6年前に別れた元彼だった。

君がいる。


もうそれ以外に何もいらないの。


それが私の生きる理由だから。