過去を乗り越えて成長しようと前を向いて進み出した優愛や結斗、翠槐のメンバーたち。鴉の元へ向かった優愛。果たして何を聞くつもりでいるのか…








自分が大切で守りたくて仕方ない人たち。










そんな人たちに、自分たちも同じ思いなんだと教えてもらえた。









そして過去も乗り越えて、成長したい。









だから私は決めた。








自分のことでも、動くって。