あやかし花屋の花売り少女

作者月宮 イチル

町外れの寂れた商店街にはある一つの妖しい花屋がある。
客は何故かみんな異形の姿をし、変な言葉遣いをする者が多い。
そんな花屋の女店主である少女は今日もまたあやかしに花を売る。

町外れの寂れた商店街───その隅っこにはある花屋がある。

寂れた商店街とは対照的に美しい外装を保っている花屋は普通の人の目には映らない。


いや、映らないというのは少し語弊があるだろう。

正確には普通の人の記憶には残らない、だ。


目には映るが、それはただの風景の一つにしか過ぎず、寂れた商店街の中で美しい外装を保っているそれは浮いている筈なのに印象に残らない。

なんとも、おかしな花屋であった。



そんな不思議な花屋にはやはり不思議なお客さんが舞い込むもので....。

そう、例えば────“あやかし”とか....ね?