恋は散り行く運命なり。

作者浅野 絢菜


平維盛は平清盛の嫡男である平重盛の嫡男である。

だが優しすぎる彼はどことなく不安定な部分が見え隠れしていました。

※この小説は史実を参考に作者が考えて書いたオリジナルのフィクションです。※








※この小説は史実を参考に作者が考えたフィクションです。※