畳のウラ/怪談&ホラー元ネタ短篇エピソード【完結】👉拙著『死グナル』挿入話よりオリジナルストーリーです!

作者storu

あらすじ

本文より抜粋⤵⤵
戦後間もない昭和30年はじめ…。 今の群馬県南部に位置する某市へ参入された、旧M町に面川(おもかわ)屋という老舗の金物問屋があった。
この地では名家として、江戸時代後期に建造されたという立派な屋敷が、小山の中腹から、まるで町中を見下ろすかの厳粛な佇まいを放って…

その畳に手を加えるべからず…。

厳とした前代当主の意と触れずの一畳に隠された悍ましき因果の道程が導いた驚愕の超常現象とは!