僕らの愛が届くまで【タテスクコミック部門応募用】

作者山吹

ストーリー
国内有数の大企業、菱丸グループの創業者一族である菱丸蘭子(22歳)は、すべてを兼ね備えたまさに才色兼備。しかし、彼女は大きな問題を抱えていた。幼少期の事件がきっかけで6歳までの記憶をなくし、家族と動物以外とは、上手く話すことができなかった。

蘭子の行く末を心配した両親は、社会性育成と…

ストーリー概要および物語の設定


ストーリー

国内有数の大企業、菱丸グループの創業者一族である菱丸蘭子(22歳)は、すべてを兼ね備えたまさに才色兼備。しかし、彼女は大きな問題を抱えていた。幼少期の事件がきっかけで6歳までの記憶をなくし、家族と動物以外とは、上手く話すことができなかった。


蘭子の行く末を心配した両親は、社会性育成と結婚相手探しを図り、自身のグループ企業の一つ、菱丸商事で働かせることに。菱丸商事には、会社のエースが集まる第一企画部と国内外の政財界大物の子息のみが集まる第二企画部(通称:御曹司部署)が存在する。社内外の女性たちから注目を集める憧れの第二企画部で働く唯一の女子が蘭子だった。創業者一族であることを隠すため、名前を「日陰蘭子」に変え、眼鏡をかけ、地味で存在感を消しながら働く蘭子。

そんな第二企画部でも特別に注目されている4人のイケメン御曹司たちがいた。彼らは、蘭子の素性を全て知り、蘭子の自立を見守っていた。


彼らはそれぞれ幼少期に蘭子との特別な思い出を秘め、蘭子のためにここにいた―――。


蘭子へ向ける男たちの切なくも愛おしい溺愛ラブストーリー。4人の一途な愛は、果たして蘭子に届くのか――。