どうあがいても、きみが好きらしい

作者朝乃ひかり





柔軟剤の香りがしたふかふかのベッドの上

私の初めてをきみに捧げた昼下がり

やけに甘ったるくて、私にはもったいなくて

大切にしなきゃいけないって思ったんだ

画像タイトルを入力…

「ねえ、好きだよ」


きみが俺に染まるのをずっと待ってる