Love with R 【完】+SS

作者美陽森*

大好きな彼氏の浮気現場に出会した夜

慰めてくれたのはイケメンなオネェでした





中井莉子なかいりこ



WEBデザイナーとして働く社会人二年目の二十四歳



『莉子ちゃん食事どうかな?』

『コンサートチケット貰ったんだけど』

『良かったら週末ドライブに行かない?』



誘われても必ず口にするのは

『ごめんなさい』



いつしか高嶺の花なんて呼ばれるようになったけれど





実は言葉数の少ないクールガール




大学の卒業式で告白され

初めて出来た彼氏は同い年



その彼を悲しませたくない一心で

断り続ける莉子を





彼が裏切っていた






『・・・苦しい』




悲しいよりも胸が苦しい



歓楽街に迷い込んで大泣きする莉子を助けたのは



行きつけのBARのマスターでした









2022.04.26 fin