呪い姫とあやかしお巡りさん ~大正純愛奇譚~

作者望月とうこ

「殺したいものは、殺した。願ったものも、殺そう」

『呪い姫』と呼ばれる、七年、神社の地下に居た少女。
 華(はな)は、母の言うとおりに、願われてひとを殺し。
 願ったものも殺してきた。

「目を開いて、生きろ。もう、お前をおびやかすものはいない」

 ある日、『あやかし』お巡りさんを自称する。