源頼朝の正室である北条政子は
誰よりも頼朝を深く愛しておりました。そう…。誰よりも…。

※この小説は史実を元に作者が考えた
フィクションになります。※



源頼朝の正室である政子は

誰よりも頼朝を愛していました。

そう…誰よりも…。


しかし頼朝の父である義朝もたくさん

側室がおりましたし当時では側室や妾を

娶るのは常識でありました。


しかし政子は頼朝が側室を娶る度に

怒髪天を衝くのでした…。


政子「許さない!絶対に!」


※この小説は史実を参考に作者が考えた

フィクションの物語です。※