___支配し、支配される。
それを知ったら、後戻りなんてできやしない。
ある日突然、私はSubになってしまった。
Dom一族の美しい三兄弟に支配される後天性Subのお話。

ストーリー概要および物語の設定



ストーリー


Dom一族の神童家で使用人(メイド)として働くノーマルの美馬織姫。

働き始めてから日に日に悪くなっていく体調と、濃くなっていく目の下の隈。

それでも平気な顔をして働いていると厨房のシェフに星河にお茶を届けるよう頼まれてしまう。

近くで見る彼は美しく中性的な顔立ちをしていて、目が会った瞬間体に電気が走ったみたいな感覚に陥り息が止まった気がした。

それから星河直々にお茶を届けるよう指示され、何度目かのお茶を差し出した時、黒文字を落としてしまう。

拾おうと手を伸ばした時、『替えてきなさい』という彼の声に体が強く反応した。

動けなくなった織姫を見て星河は悟り、提案をする。

『僕の抑制剤を飲むか___僕と、プレイをするか』


そこから始まる二人の関係。

果たして織姫を待ち受ける未来は___。






この作品は「支配欲の前に跪く」をコミック原作化したものです。


https://maho.jp/works/15591074771455852968