家事放棄している妻と入れ替わったのですが夫に恋してしまいました。

作者芳川鞠子

高校生の小林 早稀(こばやし さき)はある日、目覚めたら見知らぬ汚部屋にいた。
鏡を見ると全く知らない大人の女性になっており、大混乱。
部屋のあまりの汚さに他人の部屋だとは分かりつつも掃除していると、郵便物などから今自分がいるのは住んでいたはずの大阪ではなく東京で、しかも「慶田 圭」という人物の妻…

  • コメント
  • スタンプ
  • しおり


高校生の小林 早稀(こばやし さき)はある日、目覚めたら見知らぬ汚部屋にいた。

鏡を見ると全く知らない大人の女性になっており、大混乱。


部屋のあまりの汚さに他人の部屋だとは分かりつつも掃除していると、自分が今いるのは住んでいたはずの大阪ではなく東京で、しかも「慶田 圭」という人物の妻「晶子」になっているのだと判明する。

夫である圭が帰ってきてから事情を話そうかと迷うが中々言い出せず。しかも圭は妻・晶子の家事放棄やヒステリーが収まり自身の求める理想の妻になった(様に見える)状態を涙を流す程に歓迎していた。


さらに夜には夫婦としてまたやり直せる、と圭がベッドで覆いかぶさってくるが中身の早稀は未経験な上に妻でもない。

そんな状態で応えられる訳もなく…!?