滅び行く王国の小さな物語

作者藤島 花乃

これは、滅び行く王国を守りたいと奔走した人々の、小さな物語。


ウィスタリア大陸の東側に位置する王国イストレラ。


この王国は、かつては滅びると言われていた。



そんな王国を中心となって立て直したのは、一人の王子さま。


彼は、王国を救ったという意味では有名にならなかったが、この国の初代王が成し遂げられなかった大恋愛をしたことで、国民的お伽話シンデレラストーリーとして、今なお語り継がれている。





これは、滅び行く王国を守りたいと奔走した人々の、小さな物語。





※作者が趣味で書いている拙い作品です。

それでも良いという方のみ、先へお進みください。

批判的なコメントは、作者が傷付きますのでご遠慮願います。