夜啼き鳥の嘆き 【改訂版】

作者山本いず美

一夜の過ちのために、私は幽閉されてしまった。謝肉祭(カーニバル)の狂喜に流され、愛しては行けない、あの人を求めてしまったから。
決して後悔はしていないけれど、あの人の事が恋しくて、毎夜、夜啼き鳥の様に泣いてしまう。
そんな私に、あの夜の真実が、皆の口から、切れ切れに明かされていくのです……。

誰…

他名義での公開作品。改定版

書簡体小説風なので、慣れない方は、分かりにくいかもしれません。