貴族や、豪商相手の、高級婦人服の仕立て屋を営むナタリーは、カイゼル髭を生やした謎の男の依頼により、王公貴族相手の、代行業を行っていた。

19世紀前半のヨーロッパには、王国、公国、侯国等々、名も知らぬような小国が、あまた存在していたが、主要大国の餌食とならぬよう、各国間では、戦々恐々とした時が流れ…