夏休み。
幼なじみの家に居候する事になった有栖妃咲。
女嫌いな幼なじみの素顔。それは、妃咲に対してとびきり甘く、俺様な事だった。
幼なじみに振り回されて、自覚していなかった恋心を、妃咲は次第に自覚してゆくようになってゆく――……。



「生くん!」


「なあに? ひーちゃん」


「大きくなったら、結婚しようね!」


幼き頃、

結婚の契りを交わした幼なじみは

数十年後、

悪魔になって

私の前に現れた。



溺愛地獄



「俺の理性を吹き飛ばした罰ね」


女嫌いな幼なじみは

私にだけとびきり甘く、

とびきり意地悪だ。