親愛なるハンス・クリスチャン・アンデルセンよ、お願いします。
俺の足も、俺の声も、いくらだってくれてやるから。
だからどうか、彼女を泡にだけはしないでください。











その人は俺が思う いわゆるお姫様とは程遠くて


気まぐれで 自由奔放で かなりの現実主義者リアリスト











画像タイトルを入力…










「運命?

そんな恥ずかしいこと、

良く平気な顔して言えるね」









じゃあもっと恥ずかしいこと言っていいですか



多分あんたが思ってるよりずっと

いやもしかしたら引くくらい


俺は茉白ましろさんのこと 好きなんですよ



それこそ、運命に抗いたくなるくらい、です















cover by Ume Otonashi

Thanks!!