とある屋敷に、自殺を繰り返す虫嫌いの少女がいた。政略結婚のためだけに産んだと云い聞かされて育ち、外にも出されず、白い部屋で着飾って生かされるだけの己の生に絶望した少女は〝死〟に希望を見出し、自殺を繰り返すようになる。
 そんな少女のまえに、一人の若い男が現れる。彼は、屋敷に奴隷として売り飛ばされ…


 彼にとって、生とは希望のはずだった。

 彼女にとって、死とは救いのはずだった。



 蝶の遺言——

 それが、彼らにとっての「愛している」だった。

 


 これは、虫嫌いな一人の少女と皮肉屋な一人の男妾。

 光を求めて生きた二人の世界を紡ぐ蠢動の物語。