魅せるプロローグ第2弾に応募するために公開しました。
ひとまず冒頭だけの公開ですが、反応が良ければ連載するかもです。

長年想いを寄せていた従妹の姉が婚約者を連れて来たその日、僕の初恋は始まる前に終わった。両親が亡くなって伯父の家に引き取られた僕にとって、弟のように可愛がってくれていた姉は唯一の拠り所だった。共に過ごすうちに芽生え、膨れ上がっていった恋心をあっという間に打ち砕かれて意気消沈としている中、姉にウェディングボードの制作を頼まれる。断り切れず気の進まぬままキャンバスに筆を落とすうちに湧き上がってくる感情は──。

叶わなかった恋の末路を、静かに鮮やかに描いていく純愛小説。