おいで、紫乃。

作者アサギ




「おいで、紫乃しの



そうやって、優しい声でわたしの名前を呼ぶあなたが好きで、好きで。


どうしようもなく、好きでした。




Némophile関係のお話です