これは俺の百貨店での話なのだが。

作者だいきち


こんな世の中間違っている。

小さい頃からの夢を叶え、そして挫折した男の負け犬の遠吠えである。

旭理人は、大層不器用な人間であった。
前職でのトラウマと、過去を引きずりながら再就職した某アパレルメーカー。
配属先は、学生時代に憧れていた先輩、柴崎の務める百貨店であった。

先輩と後輩の関係で良…