二十六歳・OLの根木山 春は交際七年目を迎える幼なじみの野田 照一と入籍を間近に迎えていた。点付けをするならば百点の生活を送るとある日の夜、寝言で照一が高校生時代の同級生である折本 あかりの名前を零す。不慮の事故によって十八歳で命を落とした彼女に想いを寄せていた照一の後悔を払拭してあげたいと強く願…




幸せで、満たされていて、尊くて

そんな私の運命を──

私は自分で、変えなくてはならないらしい



画像タイトルを入力…



こうなることが宿運だったというのならば

運命なんてものは絶対に後付けだと思う



運 命 の 後 付 け