パァーン!


その音と共に、背中に激痛が走った。


「なんで庇った?」


私の目の前に居る人が、振り返り際に口にした言葉を聞いたと同時に、暗闇に飲み込まれた。


ー全ての物語は、ここから始まったー


画像タイトルを入力…


2022.06.17.開始


【注意事項】

掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。