灰青(はいあお)の僕らに、希望の蕾を

作者雨ノ森からもも

 他人に興味のない少女、笹川(ささかわ)あまねは、ひょんなことから、骨折で入院中だというクラスの人気者、志賀 丈(しが じょう) にお見舞いの色紙を渡しに行くことに。
 一方、そんなあまねに淡い想いを寄せる丈には、とある秘密と固い決意があって……?
 
 生きることに無関心なふたりの、人生の話。

ものすごく、つめたい人間だった。

あなたに出会って、秘密を知るまでは。


早く、全部終わってしまえと願っていた。

君に出会って、恋をするまでは。


だけど、


あなたが、君が、

灰色の日々を、カラフルに色づけてくれたから――


生きることに無関心なふたりの、人生の話。