いつだって会いにきてくれるのは、深夜0時を回る頃。


朝が来て、君はいつも「またね」と離れていく。


それで良かった。


心沈む雨の日、僕の左側で眠っていてくれるなら、それだけで良かった。