嵐の夜にやってきた少年、フィオ。

共に暮らすうち、カナリアは彼に惹かれるようになるけれど。フィオには誰にも言えない秘密があった。

嵐の夜にやってきた少年、フィオ。


その背中を彩る美しい紋様は


王族の証で。




フィオは、きっといつかいなくなる。





理解しながらもカナリアはフィオへの想いを募らせていく。


「いなくなる時はちゃんと言ってね」

「……」


唇を重ねながら、少女と少年は大人になっていく。


画像タイトルを入力…





秘密を抱える少年と純朴な少女の恋のお話。